戦争の歴史を知る(近代日本史年表)

戦争の歴史を知る

 

元号 西暦 おもな出来事
昭和元 1926 12月25日、大正天皇崩御
昭和2 1927 3月14日、片岡蔵相の失言で金融恐慌に
3月24日、国民革命軍が南京に入城(南京事件)
4月22日、高橋是清蔵相、モラトリアムを発表
5月28日、田中首相、山東出兵を表明
6月27日、東京で外務省・陸軍省・関東軍による東方会議
昭和3 1928 3月15日、共産党系の活動家を大量検挙(3・15事件)
5月3日、日本軍と国民政府軍が軍事衝突(済南事件)
6月4日、張作霖爆殺事件
8月27日、パリ不戦条約締結
昭和4 1929 4月16日、共産党の大規模検挙(四・一六事件)
10月24日、ニューヨーク株式市場大暴落で世界恐慌に
昭和5 1930 1月11日、金輸出解禁
4月22日、ロンドン軍縮条約締結
11月14日、浜口雄幸首相が襲撃される
昭和6 1931 3月、三月事件
4月1日、重要産業統制法を公布
6月27日、中村大尉事件
9月18日、満鉄の線路が爆破される(柳条湖事件
10月17日、十月事件
12月17日、金輸出禁止
昭和7 1932 1月8日、李奉昌が昭和天皇の車に爆弾を投げつける(桜田門事件)
1月28日、第一次上海事変
2月9日、井上準之助が血盟団団員に暗殺される(血盟団事件)
3月1日、満州国建国が宣言される
3月5日、団琢磨が血盟団員に暗殺される(血盟団事件)
5月15日、五・一五事件
9月15日、日満議定書を取り交わす
10月2日、リットン調査団が報告書を発表
昭和8 1933 2月24日、日本軍撤退勧告が国際連盟で可決
3月27日、国際連盟脱退を通告
5月31日、関東軍・中国軍の間で塘沽(タンクー)協定が結ばれる
7月10日、滝川幸辰が京都帝大を休職処分に(滝川事件)
10月1日、陸軍当局、陸軍パンフレットを公表
12月3日、ワシントン海軍軍縮条約破棄を閣議決定
昭和10 1935 5月11日、内閣審議会・内閣調査局を設置
8月1日、中国共産党が抗日救国統一戦線を呼びかけ(8.1宣言)
8月3日、岡田内閣の国体明徴声明
8月12日午前、皇道派の相沢三郎が統制派の永田鉄山を殺害する
11月25日、冀東防共自治政府を作る
昭和11 1936 1月15日、ロンドン海軍軍縮会議から脱退
2月26日 二・二六事件
5月18日、軍部大臣現役武官制の復活
11月25日、日独防共協定の締結
12月12日、蒋介石監禁事件の西安事件が発生
昭和12 1937 5月、文部省、「国体の本義」を発行
6月4日、近藤文麿内閣が成立
7月7日、盧溝橋事件
7月29日、通州事件
8月9日、大山大尉殺害事件
9月22日、国民党と共産党のあいだで第2次国共合作が成立
10月25日、企画庁と資源局が合併し「企画院」に名称変更
11月6日、日独伊三国防共協定
11月24日、土方成美が教授会で矢内原忠雄を非難(矢内原事件)
12月13日、日本軍南京占領
12月15日、人民戦線事件
昭和13 1938 1月16日、「国民政府を対手とせず」、との声明を近衛内閣が発表
4月1日、国家総動員法が公布
4月6日、電力国家管理法が公布
7月29日、張鼓峰で日ソ両軍が衝突(張鼓峰事件)
9月29日、ミュンヘン会議で英仏譲歩
10月5日、河合栄次郎の著作が発禁処分に
11月3日、近衛首相、東亜新秩序建設を声明
12月22日、近衛三原則
昭和14 1939 7月1日、日本軍がノモンハンでソ連に攻撃開始(ノモンハン事件)
7月8日、国家徴用令が公布
7月26日、アメリカ、日米通商航海条約破棄を通告
8月23日、独ソ不可侵条約が締結
9月1日、ナチス、ポーランドへ侵入(第2次世界大戦の開始)
10月18日、価格統制令が発布
昭和15 1940 2月2日、斉藤隆夫衆議院議員の反軍演説
3月30日、南京政府を樹立
9月23日、日本軍、北部仏印進駐を開始
9月27日、日独伊三国軍事同盟が結ばれる
10月12日、大政翼賛会が発足
昭和16 1941 1月8日、東条英機陸相、戦陣訓を示達
3月1日、国民学校令公布
4月6日、6大都市にて米の配給制がしかれる
4月13日、日ソ中立条約を結ぶ
6月22日、独ソ戦が開始
7月25日、アメリカ、在米日本資産凍結
7月28日、日本軍南部仏印進駐を開始する
8月1日、アメリカ、日本石油輸出全面禁止
8月12日、アメリカとイギリス、大西洋憲章を発表
9月6日、御前会議で帝国国策遂行要領を決定
11月26日、ハルノートが提示される
12月1日、御前会議で対米英開戦が決定
12月8日午前2時、日本軍マレー半島上陸
12月8日午前3時19分、日本軍による真珠湾攻撃
12月8日午前4時過ぎ、日本、アメリカに対して宣戦布告
12月11日、ドイツ・イタリア、アメリカに宣戦布告
昭和17 1941 4月18日、初の東京空襲
4月30日、翼賛選挙の実施
6月7日、ミッドウェーにてアメリカ海軍に日本海軍が敗北(ミッドウェー海戦)
昭和18 1942 2月2日、ドイツ軍、スターリングラードで全滅
2月7日、日本軍、ガダルカナル島から撤退
9月3日、イタリア連合国に降伏
10月12日、文科系学生の徴兵猶予が廃止
11月6日、大東亜共同宣言が発表
12月1日、カイロ宣言
昭和19 1943 6月19日、マリアナ沖海戦で海軍が壊滅的打撃
7月7日、サイパン島陥落
8月、学童疎開が開始
10月24日、レイテ沖海戦
11月、カイロ宣言
昭和20 1944 2月4日-11日、ヤルタ会談
3月9日-10日、東京大空襲
3月17日、硫黄島陥落
4月1日、沖縄にアメリカ軍上陸
4月5日、ソ連、日ソ中立条約の不延長の通告
1945 4月7日、戦艦大和撃沈
5月7日、ドイツ、連合国に降伏する
6月23日、沖縄陥落
7月17日、ポツダム会談
7月26日、米・英・中、ポツダム宣言を発する
8月6日午前8時15分、アメリカが広島に原子爆弾を投下
8月8日、ソ連が日本に宣戦を布告
8月9日、アメリカが長崎に原子爆弾を投下
8月10日、御前会議でポツダム宣言受諾を決定
8月14日、ポツダム宣言受諾が連合国側へ通告
8月15日正午、玉音放送により国民にポツダム宣言受諾が知らされる
8月30日午後2時、マッカーサーが厚木飛行場に到着
9月2日午前9時4分、ミズーリ号上で降伏文書に調印